ネーミングのひとり歩き

久しぶりの更新ですm(__)m

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

アルバイトをし始めた娘がいった一言がとても気になりました。

「これって、ブラックなんでしょ」

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

何が「ブラック」なのかを訊いてみると…

勤務シフトが自分が知らないうちに変更されていたとのこと。

週3日のシフトですから、連絡が確実にできないこともあると思いますので、

”ブラック”ということではないんですけどね…

なので、政府がいう「ブラック企業」の定義を教えました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

怖いな・・・・と思ったことは、政府がネーミングして政策を打ち出すことの

正しい定義が伝わっておらず、ネーミングされたことばだけがひとり歩きしている現実です。

娘に正しく伝えておかないと、おそらく友達に「自分のバイト先はブラック」と言いかねないと思いました。

 

最近は、ネーミング流行りっぽい社会な感じがしますが、

ネーミングもほどほどにしてもらいたくなりました。

 

 

 

社会への第一歩

日本全国どこに行っても「暑い!」の日々、

皆様、ご体調は大丈夫でしょうか。

梅雨明けでもなく、夏至までもまだまだ、

日本列島は、温帯気候ではなく、亜熱帯気候にシフトにしてもらったほうが、

諦めがつきますね。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

さてさて、我が家のJK(女子高生)が、サービス業でアルバイトをし始めました。

認めるかどうかを、結構悩みましたが、

一人娘である以上、私が万が一のことがあると…と考えると、

ひとりで生きていく術を今のうちに学んでおくことも大事だとも思い、許可しました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

履歴書の書き方、応募の電話の掛け方、訪問時の対応、面接の受け方・・・・

これも、早いうちからのいい経験であり、そもそも私のフィールドだったし。

採用が決定してからは、住民票の取り方、社員登録票の書き方を経験。

いざ、アルバイトがはじまると、お金をいただいて商品を提供する厳しさも学んでいる様子。

今日は、おつりを渡すときのお札の数え方(めくり方)を自宅で練習していました。

「今日は、サポーターの先輩から注意されないようにする」と

目標をもって、出かけました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

これが、仕事をし始める原点。

初めて仕事をする娘の様子を観察してみたいと思います。

 

仕事をするってこと、改めて発見できることがあるかもしれません。

 

 

ご近所さんとのつながり

毎日暑い日が続いていますsun

7月も中旬前なのにこの暑さ…

年々、猛暑日の日数が増えているように感じます。

日本の気候が大きく変化している中、

九州地方の大雨では、甚大な自然災害に見舞われています。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに

これ以上、被害が拡大しないことを願うばかりです。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

大雨の状況を伝えるニュースで、民生委員で活動されている男性が

インタビューに応えていらっしゃいました。

ご自身の担当地域で、連絡が取れない方、避難所に来られていない方を

リストアップして自治体の対策本部に届け出ていました。

自治体もそこまで把握できていなかったようで、すぐに現場に救助に向かわせたそうです。

改めて、ご近所と顔を知っている関係は大切だと感じました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

先日、区役所に書類を取りに行ったところ、

「自治会町内会に入りましょう」というポスターを見ました。

我が家は町内会に入っていて、10年に1度ぐらいの頻度で班長の役割がまわってきます。

15軒ほどの町内会ですが、町内会費の徴収で一軒一軒を回る機会があります。

面倒な仕事だな…と思いつつも、有事のときにこの関係が何かにつながるのかもしれません。

 

今週は、その町内の氏神様のお祭りがあります。

ちょっと顔を出してこようかと思います。

 

サービス提供改革?!

こんにちはsun

全国各地で真夏日が記録されている今日。

我が家も西日がきついbearing

クリーニング屋さんに出かけたいのですが、

この暑さでは、出かける気にもなりませぬt-shirtdenim

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

先日、そのクリーニング屋さん。

なんと、営業時間を1時間短縮するとのお知らせをもらいましたmemo

夜21時までの営業を、20時に1時間短縮するそうですwatch

さて、「え~ 困る~」というお客さんは何人ぐらいいるのだろうかsign02

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

21時までの営業は、確かに私も助かっていました。

でも、20時~21時に行っても、他のお客さんに出会ったこともありませんconfident

ということは、20時営業終了でもいいんじゃない?ということflair

ごく僅かなお客さんのために、1時間の営業は、費用対効果を考えても、

見直す時期だったということなのかもですねsign05

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

ヤマト運輸さんは、12時~14時の配達時間を廃止することにしました。

この時間帯で、どれだけの人たちがサービス提供してほしいのかを考えると、

それほどでもないようにも思います。

ドライバーさんがちが疲弊しているという告発もあり、

配達時間の見直しをしたこともあると思いますが、

ドライバーさんたちの「働き方改革」と同時に

サービス産業の「サービス提供改革」と考えます。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

お互いのサービス提供をしながら、私たちは暮らしています。

サービス提供する側の「生活時間」に配慮したお客さんになりたいものですheart01

 

クリーニング屋さんにそろそろ出かけてくるとするか・・・run

 

 

 

慣れた味

こんにちはnote

しまった・・・・あっという間に前回ブログ更新から1か月…

反省down

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

昨日、初めて買った中華レトルトを使って、野菜炒めを作ってみましたrestaurant

スーパーに陳列されているパッケージを見ては、

買ってみようかな…と思いつつも、これまで買ったことがありませんでした。

先日たまたま、「20%OFF」の主婦心をそそっちゃう広告ポップで

ついついつられて購入dollar

さて、お味はsign02

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

まあまあかな…sign05

娘の反応は、酷評bearing

小さいときから、市販の味に慣れていなかったのか、

自分で調味料を加えて、「自分味」に調えていました。

(ま、いいけど…)

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

味に慣れるって、こういうことなんだなと思いましたconfident

4×年以上、いろんな味を食べてきた私(大人sign02)と違って、

娘はまだ、私や母の味しか経験していない。

 

これから、友達といろんなところで外食をしたりで

いろんな種類の「味」を経験していくんだろうな・・・と。

 

「慣れた味」ってやっぱりあるもんですね。

そして、「味」の幅も広がりってあるんですね。

 

そんな娘、外食は「友達とラーメン屋noodle」がブームらしいですdelicious

 

 

 

我が家の"JK"の進路選択

初夏らしい晴れsunの日ですね。

そろそろ、「今日も暑いね~」が合言葉になるのかな。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

我が家の娘は高校2年生。

ギャル語heart01ribbonでいうところの「JK」(女子高生)。

通っている高校では、1年生のときから、進路説明会が開催されています。

参加しての率直な感想は、

今の大学受験は複雑だな・・・ということです。

今春の大卒就職率は97・6%との報道がありました。

その手前の選択に迫られている我が家のJKなのです。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

2年生では、文系か理系かの選択があります。

それはわかるのですが、選択する科目が私が高校生だったときより

とっても複雑でした。

どうやら進学したい大学の受験科目によって、

2年生進級時にその科目を選択しておかなければならないということ。

もう、大学の学部まで決めておかなければならないのか・・・wobbly

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

高校を卒業してからの進路は、とても重要だと思います。

大学に進学するのか、専門学校に進学するのか、就職するのか。

進路選択を迫られている娘に私が言っている3つのことがあります。

 

clip 今の選択が、これからの仕事の将来にずっと影響すること。

clip 日本社会での就業はなんだかんだ言って、学歴も少なからず影響すること。

clip 将来の仕事(30代、40代ずっと)するときに、今の進路選択で仕事選択が狭まらない選択してほしい。

 

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

それぞれの考え方がありますので、このことが絶対的なこととは言えませんし、

3つのことが本当に娘の将来に良い影響を与えるかも絶対とは言い切れません。

それでも、親としてというより、仕事をする先輩として伝えておきたかったことです。

娘がこれをどのように理解し、自分の将来を考えるかは任せたいと思います。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

高校卒業後の進路選択は、子どもたちにとって、初めての大きな自己決断shine

悔いのないよう、じっくり、そして深く考えてもらいたい…

これは親の気持ちかなheart01

 

 

外向きな視点も大事

こんにちはsun

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。

お天気がいい日が続き、お出かけ日和ですね。

明日は関東地方は雨予報。その翌日は、黄砂だそうですcoldsweats02

私は・・・というと、近場に出かけたり、たまったお仕事を片付けたり、

毎年恒例の「書類断捨離」をしたりで過ごしておりますnote

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

4月に出張に行ったときのこと。

JR東日本の新幹線座席に備え付けの雑誌「トランヴェール」のエッセイを読みました。

執筆された方のお名前、忘れてしまいましたが・・・(すみませんsweat02)

内容は、箱根神社に出かけたときのことでした。

神社によくある絵馬horse

最近は、外国人観光客の方々も多く、外国語で書かれた絵馬もたくさんあったそうですaquarius

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

エッセイでは、その書かれた内容のことに触れていました。

日本人が書いた絵馬は、「合格祈願」とか「家内安全」とか…

自分もしくは身内の幸せを願うことが書かれているのに対し、

外国人観光客が書いた絵馬には、「世界平和」とか「日中友好」とか

世界や国レベルのことが書かれていたとのこと。

自分だけではなく、自分を含んだ周りの幸せを願う絵馬だとshine

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

その日、定期サポート先病院の院長との会話で、同じことが話題になりました。

院長先生曰く、「最近はプライベートだけではなく、自分の仕事の仕方もまずは『自分優先』の人が多くなったように思う」と。

自分の仕事の枠を決めてから、周りの人たちに協力を求めたり、

相談もなしに自分の枠組みで進めてしまっているとdespair

そして、「要は、『自分』が先なんだよな、自分向き、内向きで周りや外を見てから…という人が少なくなったんだよ」と。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

外国人観光客と日本人の絵馬の違いのよう思いました。

自分や身内の幸せを願うことを否定しているのではなく、考え方として「周りをみる」という「外向き」な視点も

持たないといけないなぁ…と考えさせられる一日でしたflair

 

 

 

 

自分の仕事に魅力を感じること・・・後世へ!

今日は、”プレミアムフライデー”shine

ほうほう・・・・夕方、がっつり仕事をしておりました。

24時間仕事をする病院、介護施設は無縁の政府の取り組みでございます・・・・think

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

今日は、目標に取り組むことの意義を病院の職員の皆さんにお話する研修でした。

たまたまですが、安倍政権の「働き方改革」、「同一労働同一賃金」のことを考える機会があったこの一週間。

今日の研修は、これまでも同じテーマでお話する機会がありましたが、

これからの本当の働き方をお話する、大変いい機会をいただいた研修でした。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

「働き方改革」は、現場の社員・職員からすると、自分の要望、都合によって選択できる仕組みに捉えられていることは否めません。

そもそも、そこが明確に政府から明言されていないですから・・・。

でも、「働き方改革」は、ことば先行で動いています。

改革する必要がない人も、「今よりもちょっとだけ楽に仕事ができるかも・・・」な印象を与えているように思われます。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

医療・介護の業界では、人材紹介会社のサイトを見ると、

「残業なし」「夜勤なし」「年収○○○円確実」など、カタチだけの処遇ばかりで

楽に仕事をするためには・・・の情報ばかりです。

紹介会社の利益追求は確かにありますが、医療・介護業界の底上げを考えた発信なのでしょうか・・・

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

それよりも、これからの超高齢化社会は、若年層の方たちが、

「魅力ある職場」を選択することではなく、

「魅力ある仕事の仕方」を自分でするためにどうすればいいかを伝えることが日本社会の責任だと思います。

そのためには、職場・職業選択も大切ですが、「仕事をする・したときの楽しみ」を伝えることが

後世への日本の労働力を強化することになるのでは・・・と感じた一週間。

 

あ! その〆の今日って、プレミアムフライデー…

仕事への楽しみにつなっがってるかな…

 

 

 

 

24時間闘えますか?!?!

桜が満開を迎えていますcherryblossom

今日は、強い風が吹いていましたので、桜吹雪が楽しめたかもしれません。

桜の次はハナミズキ、そして新緑へと季節がうつります。

日本の四季はいいものだnote

・・・としみじみ・・・

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

さて、話は変わりますが、今日のニュースで、

ヤマト運輸がamazonの即日配達事業の縮小、撤退を検討しているとの報道。

集荷と配達の時間帯、再配達の煩雑さ、即日発送など、

ここ1,2ヶ月で配送業界は、まさに「働き方改革」が進んでいます。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

そもそも、いつから私たちは届くものに対して、そんなに急ぐようになったのかなと感じます。

「宅配便」のサービスが世に出てきたときは、手元に届くまでに荷物は2、3日かかった記憶があります。

「お急ぎ便」は、有料だったはずなのに、いつの間にか「無料」、それが当たり前なサービスとして

定着してしまいました。

利用する側の「ニーズ」というより「わがまま」に対応するようになってしまったように思います。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

24時間営業の飲食サービスやコンビニもそうです。

(”7と11”のコンビニは、開店時刻と閉店時刻から店名が名づけられたのでは?!?!)

お手軽価格の飲食店は、24時間営業が当たり前・・・

すべての人たちの24時間の使い方に合わせると、365日24時間営業になるのは理解はできますが、

ごく一部のニーズに対してのサービス提供は否めません(利用されている方、ごめんなさいm(__)m)

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

ヤマト運輸の今回の件は、

「わがまま」に対応したサービスの考え方を、そろそろ考える必要があるのでは!という提言だと思います。

政府は「働き方改革」を進めていますが、事業運営の手法そのものと、顧客のサービスの求め方も併せて

考えるべきではないでしょうか。

 

バブル時代、「24時間、働けますか?」のキャッチで売り出された栄養ドリンクがありました。

今、24時間働くようになって、疲れ切ってしまっている人たちがたくさん出てきてしまいました・・・・

 

「顧客に合わせすぎなサービス」は、必ずしも良質なサービスとはいえないと思ったニュースでした。

育成には絶対評価は本当か?

桜の蕾がなかなか開かない今年の春cherryblossom

昨日で我が家の娘は高校一年生を修了しました。

通信簿と学年末テスト結果を持って帰ってきました。

結果は…

内緒ですwink

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

娘が高校生になって思うことがあります。

中学生までは、通信簿は絶対評価。テスト結果も本人の点数と平均点が伝えられるだけでした。

当時は、「今は、テスト結果にも順番がつけられないのね」と言っておりました。

テスト結果がよくなくても、我が家の娘は全く気にもせず…。

何とか、テストの点数を上げられるよう頑張ってほしいと思い、

いろいろ仕掛けてみたのですが、それでもイマイチな取り組みでしたsad

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

しかし、高校生になったら、定期テストの結果は、科目ごとに学年順位がつけられ、

書面で本人に通知されるようになりました。

中学3年間は、テスト結果に全くと言っていいほど、関心を持たなかった娘が、

この科目順位が通知されるようになって、やる気をめきめき出すようになったのです。

(嬉しいことですheart01 ようやく・・・・)

定期テストのたびに、「今回は○○点を狙って頑張る」とか「学年○○番を狙って頑張る」

「順位を落としたくない」という発言も出てきました。

順番づけをする「相対評価」って、こんなに効果があるんだなぁup

「負けたくない」気持ちを芽生えさせる効果。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

中学までの成績は、「絶対評価」。

成長段階の子どもたちには、絶対評価が適切であるという考えです。

確かに…。自分がどこまで何をできなければならないのかが大切であって、

他者と比べてできるかどうかではないのは、理解できます。

しかし、自分がどこまで何をできなければならないかを理解できていなければ、

絶対評価は効果がないのかな・・・と今になって思います。

(親としても仕掛けられなかったことを反省・・・・)

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

大人の世界でも、人事評価では、育成段階のスタッフには絶対評価が適用されます。

たしかに絶対評価も大切ですが、「負けたくない!」、「○○では1番になりたい」という

競争力を高める相対評価も必要なのではないかと思います。

 

娘の学年末を迎えて、娘の取り組みから学んだ事例でしたshine

2年生になっても、今の気持ち、継続してよね~bearingと願う親でした。

 

 

 

 

  • entry6476ツイート
  • Google+